大人のカロリミットの副作用について調べてみた結果

大人のカロリミットはインターネット上で販売元のファンケルから配合されているすべての成分を見ることができるわけですから、実際にあなたが飲んだ時に副作用が発生してしまうかどうかということが簡単にわかります。

成分表示では大人のカロリミットに配合されているのは全部で6つの成分ですから、あなたが心配している副作用についても簡単に調べることができますね。

・ペンタメトキシフラボン

これは一般的に広く食用として使われている黒生姜から抽出されたエキスです。そのため、普通に食べたとしても大人のカロリミットのように配合成分として利用したとしても副作用が出るという事は考えにくいですね。

成分の効果としては血行促進して新陳代謝を高めるということが期待されています。

・イミノシュガー(桑の葉由来)

桑の葉由来のイミノシュガーですが、副作用というか大人のカロリミットを飲んでいってちょっと不快な現象が起こるとしたらこれが原因なのではないでしょうか。

イミノシュガーの効果としては飲んだ時にブドウ糖の吸収を邪魔してダイエット効果を発揮すると言うものなのですが、体の脂肪としてブドウ糖吸収させない代わりに腸の中でブドウ糖が分解されるようになるためどうしてもガスが発生しやすくなってしまいます。

そうなると日常的におならが出やすくなったり、お腹がちょっと張った感じになったりするということが考えられますね。副作用というほどの現象ではないんですけれども、ブドウ糖を吸収させないために起こるちょっと困った現象といえるでしょう。

・緑茶エキス

エピガロカテキンガレートと呼ばれる緑茶エキスですが、見ての通り緑茶成分ですので当然副作用が発生することはありません。

・キトサン

多くのサプリメントに配合されているキトサンも、緑茶エキスと同じように副作用はありません。むしろ特定保健用食品として厚生労働省から認可されているので極めて安全な成分です。

・ファセオラミン(いんげん豆由来)

いんげん豆由来のファセオラミンですが、サプリメントとして使用する分には副作用がありません。ただし、大人のカロリミットとは関係ない話としていんげん豆を生で食べてしまうと副作用が発生しますから、大人のカロリミットを飲む代わりにいんげん豆を食べようなんていう事は考えないでくださいね(汗)

・ギムネマ酸

普通の人が使う分には特に副作用などは問題ないギムネマ酸ですが、糖尿病治療中で血糖降下剤を使用している人の場合には医師と相談してから大人のカロリミットを飲み始めた方が良いでしょう。

公式通販サイトで買えます ⇒ 大人のカロリミット限定ケースセット

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ