和風の式でもケーキを切る|レストランウェディングで幸せが2倍になる

レストランウェディングで幸せが2倍になる

和風の式でもケーキを切る

手

ケーキ入刀も取り入れ可能

和婚は日本伝統の和の文化をふんだんに取り入れたブライダルスタイルです。日本風で古都の神社で厳かに行われるタイプが人気で京都、奈良、福岡など、日本古来の趣が感じられる地域の歴史的な神社が、舞台となることが多くあります。そう言った雰囲気の中で行われますから、西洋風の結婚式とは違った、独特な魅力がある式になります。近年、和婚スタイルを検討するカップルも少なくはないですが、やはり、結婚式といえばケーキ入刀も外しがたい場合もあるでしょう。結婚式のハイライトとも言えるのがケーキカ入刀で、和婚でもケーキを用意することは勿論出来ます。しかし、折角の和婚スタイルなので、より相応しく、より和風な雰囲気を崩さずに行う事も、工夫次第では可能となっています。

和風なケーキ入刀の形

和婚にケーキ入刀やそれに近い物を違和感なく取り入れる事は、色々なアイデアが有りますので、参考にできるかもしれません。まず、ケーキを和風な装いに仕立てるというのが一つの方法です。寿などの文字を入れたり、和風な意匠を凝らしたケーキは日本風な会場にもマッチしますし、ナイフの代わりに刀を使うなど、思い思いの和風な楽しみ方がされています。また、ケーキの代用としてまんじゅうに入刀したり、豪快に鏡割りをしてお酒を振る舞うなども行われています。厳かなものでは『お箸取りの儀』と呼ばれる古来の伝統が用いられることもあり、純日本風な趣にはかなり相応しいものと言えるでしょう。世界で唯一の結婚式ですから、新郎新婦が納得できる形で、楽しく執り行いたいものです。

このエントリーをはてなブックマークに追加