大人のカロリミットの副作用について調べてみた結果

大人のカロリミットはインターネット上で販売元のファンケルから配合されているすべての成分を見ることができるわけですから、実際にあなたが飲んだ時に副作用が発生してしまうかどうかということが簡単にわかります。

成分表示では大人のカロリミットに配合されているのは全部で6つの成分ですから、あなたが心配している副作用についても簡単に調べることができますね。

ペンタメトキシフラボン

これは一般的に広く食用として使われている黒生姜から抽出されたエキスです。そのため、普通に食べたとしても大人のカロリミットのように配合成分として利用したとしても副作用が出るという事は考えにくいですね。成分の効果としては血行促進して新陳代謝を高めるということが期待されています。

機能性表示食品の届け出機能としては、ペンタメトキシフラボンは体脂肪を減らす・中性脂肪を抑える・血糖値の上昇を抑えるということになっています。副作用はないかという安全性の評価方法については「食経験による評価・既存情報による安全性試験結果」によって確立されているとのこと。

イミノシュガー(桑の葉由来)

桑の葉由来のイミノシュガーですが、副作用というか大人のカロリミットを飲んでいってちょっと不快な現象が起こるとしたらこれが原因なのではないでしょうか。

イミノシュガーの効果としては飲んだ時にブドウ糖の吸収を邪魔してダイエット効果を発揮すると言うものなのですが、体の脂肪としてブドウ糖吸収させない代わりに腸の中でブドウ糖が分解されるようになるためどうしてもガスが発生しやすくなってしまいます。

そうなると日常的におならが出やすくなったり、お腹がちょっと張った感じになったりするということが考えられますね。副作用というほどの現象ではないんですけれども、ブドウ糖を吸収させないために起こるちょっと困った現象といえるでしょう。

機能性表示食品の届け出機能としては、イミノシュガーは体脂肪を減らす・中性脂肪を抑える・血糖値の上昇を抑えるということになっています。副作用はないかという安全性の評価方法については「食経験による評価・既存情報による安全性試験結果」によって確立されているとのこと。

緑茶エキス

エピガロカテキンガレートと呼ばれる緑茶エキスですが、見ての通り緑茶成分ですので当然副作用が発生することはありません。過剰に飲んだ場合には下痢や脱水症状の原因になることがあるのですが、こういった副作用は「緑茶を大量に飲んだとき」のことであって、そこまでの副作用が出るような量を大人のカロリミットで摂取するのは無理なのでご安心を(1ヶ月分全部一気に飲むとか・・・)。

キトサン

多くのサプリメントに配合されているキトサンも、緑茶エキスと同じように副作用はほぼありません。むしろ特定保健用食品として厚生労働省から認可されているので極めて安全な成分です。

他のサプリメントでの副作用報告については大量に摂取した場合にちょっと気持ち悪くなったり便秘になったりするということがあるのですが、緑茶エキスのときと同様に大人のカロリミットではそのようなことになる量は配合されていません。むしろ便秘解消につながったという口コミが多いですからキトサンでの副作用は心配しなくても大丈夫そうですね。

ファセオラミン(いんげん豆由来)

いんげん豆由来のファセオラミンですが、サプリメントとして使用する分には副作用がありません。ただし、大人のカロリミットとは関係ない話としていんげん豆を生で食べてしまうと副作用が発生しますから、大人のカロリミットを飲む代わりにいんげん豆を食べようなんていう事は考えないでくださいね(汗)

大人のカロリミットの話とは関係ないことなのですが、生でいんげん豆を食べたり加熱不足の状態で大量にいんげん豆を食べた場合には下痢とか嘔吐に繋がります。実際、過去にあるある大事典だったかなんかのテレビ番組で白いんげん豆をちょっと炒ったものを食べるとダイエットできるという特集があって、それを実践した人の中で副作用というか食中毒が発生したということもあったらしいです。

大人のカロリミットに配合されているいんげん豆由来のファセオラミンについてはこういった副作用や食中毒の可能性はありませんね。生でいんげん豆を食べてるわけじゃないですもんね。

ギムネマ酸

普通の人が使う分には特に副作用などは問題ないギムネマ酸ですが、糖尿病治療中で血糖降下剤を使用している人の場合には医師と相談してから大人のカロリミットを飲み始めた方が良いでしょう。

何となく名前的に怖い感じがするギムネマ酸なんですが、大人のカロリミットの中での働きとしては、「腸での糖分吸収を抑える」「血糖値の上昇を抑える」といった感じでダイエットの時に非常に役立ってくれるんですね。そのため、大人のカロリミット以外でもダイエットサプリメントのなかにはギムネマ酸が配合されているものが非常に多くなっています。

公式通販サイトで買えます ⇒ 大人のカロリミット限定ケースセット

サプリメントと副作用の話

そういったわけで、大人のカロリミットを飲む上ではあまり副作用というものは関係ないのですが、せっかくなのでここで他のサプリメントを飲むときに気をつけておきたい副作用の話をしておこうと思います。

このサイトで紹介している大人のカロリミット以外にも健康目的や美容目的で様々なサプリメントを飲んでいるかもしれませんが、そういったものを使う時や今後新しいサプリメントを取り入れていく時に気をつけておきたい事は次のようなものですね。

・ナチュラルなものだからといって安心できるわけでは無い
・副作用が発生する可能性がある、と最初から書いているサプリもある
・どのようなサプリメントを飲んでいたのかちゃんと記録を残す
・病気改善目的ではないので病気のときにはちゃんと薬を飲む(薬を飲むというかまずは病院へ行って医師の診察を受ける)
・薬などを飲んでいるときには飲み合わせについて医師に確認する

ナチュラルなものだからといって安心できるわけでは無い

最近は自然素材だとかナチュラル素材だとかって言うことを大々的にアピールしているサプリもありますよね。しかし、自然素材だからといって安全安心と決まっているわけではありません。何となく自然のものだと安心できると言う感じで盲目的に使ってしまっている人が多いというのが現状でしょう。

副作用が発生する可能性がある、と最初から書いているサプリもある

サプリメントによっては最初から「副作用が発生する可能性があります」と書いているものもあります。大抵の場合には大量に摂取した場合の話をしているわけなのですが、これを親切心からのものととらえるか、最初から逃げ口上を書いているととらえるかはまた微妙なところですね。

どのようなサプリメントを飲んでいたのかちゃんと記録を残す

薬についてはどういったものを飲んでいるのかということについて処方せんなどがありますから自動的に記録が残っていくわけなのですが、サプリメントについては自分で飲んだ記録を残して行かない限りは過去にどんなものを飲んでいたのかということがわからない状態です。何かあった時の対策としてもいつどのようなものを飲んでいたのかということについて簡単でもいいので記録に残しておきましょう。

病気改善目的ではないので病気のときにはちゃんと薬を飲む(薬を飲むというかまずは病院へ行って医師の診察を受ける)

意外とこれがみんなできないんですけれども、病気のときにはちゃんと病院にいくべき。サプリメントを飲んで病気を改善するということはできませんからちゃんと病院に行って医師の診察を受けた上で適切な薬を処方してもらうべきでしょう。

薬などを飲んでいるときには飲み合わせについて医師に確認する

基本的には何らかの病気治療の時に薬を飲んでいるのであれば、一時的にサプリメントは中止したほうが良いと思います。何か必要があれば病院でもサプリメント処方してくれることもありますしね。どうしても飲みたいというのであれば病院にそのサプリメントをちゃんと持っていって飲み合わせは大丈夫なのかを医師に確認してください(大抵の場合には止められると思いますが・・・)。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ