大人のカロリミットは妊婦でも飲めるのか

大人のカロリミットは妊婦でも飲めるのだろうか・・・?ということで調べてみたんですが、残念ながら妊娠中に大人のカロリミットを飲むことができません。どうしても体重が増えてくるということで食べたものの吸収を抑えたいという気持ちはわかるのですが、大人のカロリミットにかぎらずほとんどのダイエット食品は妊婦向けに作られていませんね。

妊娠中に大人のカロリミットを使用するのは禁止

公式の販売店でも妊娠中に大人のカロリミットを使用するのは禁止になっています。さらに、妊婦だけではなくて授乳中にも飲むことができません。配合されている成分が授乳中に小さな赤ちゃんに伝わってしまうと良くないということなんですよね。授乳している母親側はダイエットして良いとしても、体がどんどん大きくなっていく時期である赤ちゃんがダイエット成分を吸収してしまってはまずいというわけです。

そういう事情がありますから妊娠中や授乳中には大人のカロリミットを飲むというのは諦めて、ちゃんと準備ができた状態になってから購入して試してみてください。

妊娠中に体重がトントンと増えてしまって困っているという場合にはこういったダイエット食品に頼るということではなくて、医師の指導を受けて食事の内容を変えてみたり軽い運動を取り入れてみたりというのが一般的です。

産婦人科などで薬を処方するということが結構ありますけれども、そういう場合であってもやせ薬なんかを処方したりはしませんよね(普通は鉄分とかカルシウムとかそういったサプリメントを処方されると思います)。

医師と相談して飲む、っていうか止めとくべき

大人のカロリミットを宣伝しているサイトのなかには、「妊娠中には医師と相談してから飲むようにしてください」とかって書いているところもありますけど、まあはっきりいってやめておいた方がいいです。っていうか、「妊娠中に大人のカロリミットのようなダイエット食品を飲んでもよいか」と聞かれてOKを出す医師なんてないと思うんですけどね・・・。

もちろん、妊娠中に大人のカロリミットを飲んではいけないということを知らずにうっかり服用してしまったという場合に必ず問題が起こるという話ではありません。だからといってちょっとくらい飲んでも大丈夫なんだからずっと飲み続けても副作用などが発生しないということにもなりませんから、ここを読んでいるあなたは授乳期間が終わるまでは何とか我慢してくださいね。

口コミを見ても飲んでる妊婦はほぼいないはず ⇒ 大人のカロリミットの口コミ

妊娠中の様々なサプリメント

基本的に妊娠中・授乳中については医師が認めるようなものしか飲むことができないというのが一般的な考え方です。そのため、医薬品ではなくて効果の弱いサプリメントのようなものであっても(大人のカロリミットを含めて)出産まで、あるいは授乳が終わるまでは全てストップすると考えるべきでしょう。

医薬品と違って効果が弱いとは言っても、サプリメントは品質が一定していなかったり統一規格がなかったりという点で問題があります。むしろそれよりも国の機関の厳格な審査を経ていないということである意味では何が入っているのかわからない・どこで作られたものなのかがわからない・どんな成分が使われているのかわからないということが非常に問題です。サプリメントのパッケージにちゃんと成分情報が書かれているからといってそれが絶対に正しいとは限りませんしね。

ですので、何か普段の食生活の中で達成栄養素があったとしても可能な限り食事を改善することによって栄養を使用するように心がけ、さらにダイエットだとか美容だとかそういった目的でサプリメントを使いたいと言うのであればしばらくの間は我慢しなければならないということになるでしょう。大人のカロリミットでも同じことですね。

ある程度母乳が出るというのであれば授乳期間中にかなり体重が減っていくということもありますし(すごい人になると食べても食べても体重が減ってしまうということさえあります)、実際のところ子供が生まれた後は美容はどうとかって言うことを考える時間なんて無いですから1年にもならない妊娠期間中に一生懸命美容サプリメントを取ったところでほとんど意味がないでしょう。

医師が推奨するサプリメントはある

もちろん、国内で製造されているすべてのサプリメントを妊娠中や授乳中に一切飲んでいけないという事ではありません。サプリによっては医師や厚生労働省などが推奨するものもあります。例えば葉酸サプリとか、カルシウムとか鉄分とかはその代表的なものですね。

・葉酸サプリの代表的なもの

葉酸の恵み

・カルシウムと鉄分

カルシウムや鉄分のサプリメントについては病院で処方されるということが多いのでわざわざネット通販などを使って高いものを購入する必要はほとんどないでしょう。

 
またこれとは逆に、妊娠期間中に摂取しすぎないように気をつけなければならない栄養素もあります(普段の食事で普通に摂取しているものの中で)。ビタミンAがその代表的なもので、妊娠初期にビタミンAを過剰に摂取してしまうと産産まれてくる子供に奇形が起きる確率が上がるという報告があります。

ただしこれについては、普通に食事をとっている限りにおいてはビタミンAが過剰に摂取されたと考えられるような水準に及ぶことはないので特に難しく考える必要はありません。ビタミンサプリなどを摂取している人の場合には摂取量が非常に多くなる可能性があるので絶対に飲んではいけないということになるでしょうね。そういう意味でも妊娠中の安易なサプリメントの使用はダメだということになります。

葉酸サプリメントについて

妊娠期間中は子供の成長についていろいろなことが気になるのでインターネットで朝から晩までいろいろなことを調べてしまうという人がほとんどだと思います。そうやって調べているうちに多くのサイトで「葉酸サプリは絶対に必要!」「葉酸サプリを使わないとやばいことになる!」とかって書かれているのを目にして絶対に購入して使わなければいけないものだと勘違いしてしまう人が多いようです。

しかし、基本的には葉酸は食品から摂取することができるものですから、なるべくだったらサプリメントではなくて普段の食事を充実させることによってこういった特殊な成分も摂取できるようにしていってほしいですね。葉酸サプリメントを勧めるサイトの多くは広告を掲載して収入を得るのが目的になっているのでそういった書き方をしていることがほとんどです(まぁ、上で紹介した葉酸サプリについても一応広告なんですけど、気に入らなければ別に買う必要はないと思います)。

妊娠期間中のサプリメントについてはあくまでも普段の食生活の中でどうしても栄養が足りないという場合に使うべきでしょう。つわりがひどくて全く口に入れることができないとか、自分は妊娠中なのに旦那が毎晩のように飲み歩いて全全然家に帰ってこないので「やってられねぇ!」って感じで自分の料理もめんどくさくなってるとか。そんな感じですかね。

 
ある意味では妊娠中とか授乳期間中じゃない場合であってもサプリメントについては普段の食事で栄養素をまかなえない場合に使うべきものなんですけれども、大人のカロリミットのようにちょっとしたダイエットに使いたいというのであればある程度は仕方のない事かもしれません。でもとりあえず妊娠中には大人のカロリミットも含めてダイエットサプリとか美容サプリメントとかを使うのはやめておきましょう。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ